偽造されにくい印鑑

大事な印鑑だから - 実印の偽造などを防ぎたい

実印の偽造などを防ぎたい

時折耳にするのが「自分はよくある名前だし印鑑などを偽造されるのではないか」などという事です。
もしかしたら、自分と同じ姓名だという人がいても不思議ではありませんよね。
区別を計るという意味においても、また偽造などを防止するというためにも、しっかりとした印鑑を作成する必要があるのです。
特に、法的効力を持っていて重要な場面で使用することが多い実印に関しては、しっかりとしたものを作成することをオススメします。
「高い」というような印象を抱く方もいらっしゃるようですが、良いものを用意したとしても長く使い続けるものですから用意しておくのが良いかと思いますよ。
手彫りなどのものを使用すれば「他には無いもの」を作成することができます。
ですから、安全性が非常に高いといわれているんですよ。
今ではこうした手彫りなどに関しても、おすすめの実印ショップランキングで比較的に安価で購入できる場合もありますから色々と調べてみると良いですね。
また、材質などに関しても劣化をしにくいものなどをチョイスする人が多いようです。
湿気などに強いものなどを選べば長く愛用していただけるかと思いますよ。
こうして、偽造や人と同じものという事を避ける手段は沢山ありますから、有効的に利用してみてはいかがでしょうか。

実印の登録について

実印を作っておいたほうが良いということは、なんとなくわかっている方は多いとは思いますが、市区町村などの役場に登録をしておく必要があります。
その場合、印鑑登録をする必要があるわけです。
ただ実印用に高いお金をかけて印鑑を作成したとしても、登録をしっかりとしておかなければ、ただのそこら辺の印鑑とは変わらず、実印としての効力を持つことはありません。
つまりは、住民登録している市区町村役場において、実印として利用したい印鑑を持参して登録申請を行わない限り、保有しているハンコは、そこらの三文判となんら変わらないということになるわけです。
また印鑑登録は一人1つまでとなっています。
気に入ったデザインがあるからといって、何個も実印とすることは出来ませんからしっかりと覚えておきましょう。
更に、実印を作るための印鑑登録を行うためには、いくつかの条件というものをクリアしておく必要があるのです。
住民基本台帳というものに登録をしていることが条件になります。
更に本人であり、年齢が15歳を超えていることという条件がつけられています。
実印のデザインですが、フルネームであること。
または姓名どちらか一方のデザイン。
更に、氏と名との一部を組み合わせて作られているデザインであるかどうかということです。
印影の大きさにも指定があります。
直径が8mm以上であること。
その上で25mm以内の正方形に収まるものという条件が設定されているのです。
他にも実印として指定するためには、変形しやすいとされているゴムであったり、プレス印として用いられている素材は登録出来ないことになっていますから、注意をしましょう。
デザインに関してはいくら素晴らしいものであっても、サイズの条件が整っていないことや、実際にプレスをした時の印影というものが不鮮明であると判断された場合には、登録をすることが不可能になります。
書体に関しても自由ではありますが、スタンダードな書体もありますから、参考にしてみると良いでしょう。

更新情報

2015/08/03
実印の偽造などを防ぎたいの情報を更新しました。
2015/08/03
個人の印鑑についての情報を更新しました。
2015/08/03
実印を作る際の配慮の情報を更新しました。
2015/08/03
実印って必要なの?の情報を更新しました。
2015/08/03
会社の実印についての情報を更新しました。
ページ上に戻る